スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

こないだ買った漫画とちょっとした感想

2010年12月29日
ちょっと間が開いてしまったので、購入記録でも。



他にもちょこちょこ買ったのだが、メインはこの5冊。

 宇仁田ゆみ『ソダテコ』は、宇仁田先生の子育て体験を漫画にしたもの。長女・アモちゃんと長男・ぬー太君が、本当に可愛らしくて描かれていてたまらなかった!自分の周りに小さい子がいないのでどの体験談も新鮮で「へー、子供ってそんな感じなのか」と感心させられたりもした。あと、宇仁田夫妻が子供を愛しているのが伝わってきて読んでるこっちの顔も自然と緩んでくる。漫画家さんの体験談や日記漫画が元々好きなので、『ソダテコ』もとても楽しく読む事が出来た。あと、関西弁だしね(笑)子供好きなら買って損は無いと思います。

 佐々木少年『真月譚 月姫(10)』は、もはや知らないものはいない神同人ゲーム『月姫』のアルクェイド・ルートを漫画化したものの最終巻。もう、ありがとうございました!としか言いようがないなぁ。感無量です。自分も『月姫』が大好きで初めてプレイした時はどのルートでも号泣したのを今でも思い出す。特に好きだったのは実は秋葉様なのだが、その次に好きだったアルクェイド・ルートをこうやって漫画化したものが、このクオリティーで読めた事が本当に幸せです。内容はもちろん最高。「月姫はやったことないしなぁ」という人でも全く問題なく読む事が出来るので、未読の人は読もう(リメイクがでるらしいしね)!佐々木先生、お疲れさまでした!

 倉田嘘『それでもやっぱり恋をする』は、百合漫画。倉田先生の描く女の子は肉感的でエロいですなぁ(笑)百合カップルの話ではなく、カップルになる/なろうとする話を集めた短編集。女の子が真摯に恋をする様子が、色々な感情(嫉妬、諦め、世間体)をうまく絡めて展開していくストーリーに胸キュン必至。女の子の表情がとても豊かで特に目力が凄い。結構百合度が高めなので、初心者にはちょっと難しいか?いや、最初に中級者くらいのレベルを読んでハマれたらもはや怖いものなしだと思うので、百合に興味ある人は読もう!

 大森望+日下三蔵+山田正紀 編『原色の想像力』は、全くの新人が書いたSF短編集。だがSF者ならこの3人の編集者を見ただけで安心できると思う。昔は”SF、冬の時代”なんて言われてたそうだが、ゼロ年代はまさにSFが春を迎え今まさに夏に入ろうとしているのではないだろうか?未読だが期待大。

 田辺青蛙『皐月鬼』は、鬼の子・皐月が県境の守りとして暮らしていく日常を書いたシリーズの最終巻。皐月と村の人間との暮らし、旅の途中で出会った人との出来事などが絶妙なアヤカシと人との距離感をもって書かれていて本当に面白いシリーズだった。作品に漂う雰囲気も牧歌的でどこか懐かしかったり、こんな原風景があったのかなと羨ましく思ったりもした(どちらかと言えば大変な事の方が多いのだが)。とにかく皐月が可愛い。角が短い事を指摘されてぶんむくれたり、お願いを断られてシュンとしたり、感情の浮き沈みが表情や態度に出る所が100年以上生きてることとギャップとなって、ひたすら萌える。出てくる妖怪もひと癖あったり、所々にグロテスクだったり艶めかしい表現があってただただ妖怪の可愛さだけを追求してない所に好感が持てた。西尾維新先生の『化物語』シリーズより個人的に面白いと思うので、そっちが好きな人や小学校の頃図書館で読んだ本に書かれていた妖怪のイメージくらいのレベルで妖怪が好きな人(かくいう自分もそう)は読むべし。

 というわけで、雑記でした。ではまた次の日記で...!
購入記録 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。