スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

時は大海賊時代!神林長平『敵は海賊・海賊版』の書評

2011年06月20日
 いやはやすっきりしない天候が続いて気分も晴れませんなぁ。外に出かけたくても雨が降ってるとやる気も半減な管理人ですが、みなさんいかがおすごしでしょうか?
 というわけで今回も「お外に出られなければ、家で本を読めばいいじゃない」というテーゼに従ってレビューを書いていきますか・・・。

・神林長平『敵は海賊・海賊版』

 物語の始まりは火星の無法地帯に店を構えるバー<軍神>から始まる。<軍神>のマスターであるカルマは、自身も過去海賊だったが今では足を洗い、<軍神>を訪れるならず者・無法者どもの自慢話を聞くことを何よりの楽しみにしている。
 そんな中でも一番楽しみにしている客がこの物語のダークサイドの主人公である匋冥(ヨウメイ)・シャローム・ツザッキィだ。彼はこの世界で最も畏れられている海賊で、匋冥は”生まれながらの悪人”で宇宙航海が一般的となりとっくに神を畏れる者などいなくなった未来で”その邪悪さゆえに神の存在をよみがえらすような力がある”と評されるほどの極悪人であることが示される。彼も自らの信条を”おれに命令できるのはおれだけだ。おれを支配しようとする力には、手段を選ばず対抗し、必ず打ち砕いてやる”と大言してはばからない。
 しかしそんな彼の奇異な点をカルマは2つ挙げる。1つ目は、到底似合わない少女趣味の白いクラーラという名の”ぬいぐるみの猫を思わせる”猫型の有機ロボットを連れている事。この猫は匋冥曰く彼の良心そのものが具現化したものらしい。2つ目は、彼の愛銃である冷凍銃(フリーザー)の威力の桁違いの強さである。この銃はエネルギーを放出するのではなく対象のエネルギーを吸い取り別の宇宙へ放出するというのだ。そして匋冥はカルマにこの2つをどこでどのように手に入れたのかを語るのであった...。
 
 上記のあらすじは小説の冒頭、たった14ページ分ほどである。しかし、カルマというバーで色々な話を聴いてきた、つまり大概の悪事の話は聴き飽きたともいえる存在に匋冥を語らせることによって、この冒頭のたった十数ページで読者は匋冥の悪の魅力に惹きつけられ、どのような結果で白い猫とフリーザーを手に入れたのかを知りたくてたまらなくなるのは必至なのだ。そう断言したくなるほど、私は、匋冥の紙面からあふれ出る生へのエネルギーのようなものを感じたのである。

 海賊が出てきたなら、それを取り締まる警察機構があるのは当然のことである。この作品でも、過去に両親と弟とを海賊に殺され、愛する女性が海賊だったがために撃ち殺さなければならなかった悲劇の過去を持つ海賊課の刑事ラテルと、食いしん坊で愚痴っぽい猫型宇宙人アポロアプロのコンビが登場する。
 このコンビは実にちぐはぐでお互いに嫌味を言ってばかりいるがその実、互いを信頼し合っている敏腕デカで、その腕の良さは海賊に知れ渡っており匋冥も一目置く存在である。特にアポロアプロは実にユニークで、気ままな猫そのもの。けれどもいざ戦闘となるとその強さは凄まじく、近接挌闘では鋭い爪と牙を用いて野性的に敵を殺したりするギャップが素晴らしい。

 そして面子の揃った物語はランサス星系の主星であるフィラール星の王女失踪事件を巡って進んでいく。匋冥に直接王女を探してくれるように頼みにきた王女の侍女シャルファイン・シャルファフィアと匋冥、その事件を捜査すべく海賊課として捜査を開始するラウルとアポロの2組は、意図せずに神と悪魔との代理戦争を担わされることになり、超空間航法を行うと平行宇宙に迷い込んでしまうのであった。その世界でも同じように王女失踪事件が起こっており、同じメンバーが行動を起こしているので、実質1つの宇宙で4組のグループが動いていることになるのだが、難解であったり「双子のトリック」を使うといったようなことは起こらないので、聞いただけではこんがらがるかもしれない世界も易々と受け入れることが出来るだろう。
 そして繰り広げられる匋冥と海賊課の戦いに、フィラール星の内政の不安定さも絡んで一気に物語は結末へと駆けこんでいく。何物にも支配される事を嫌った匋冥が最後に取った驚きの行動とは?海賊科の刑事は王女誘拐事件を解決することが出来るのか?白い猫と冷凍銃はどんな経緯で手に入れられたのか?
是非読んで結末を確かめて欲しい。
 
 神林長平さんの作品というと人間の本質に迫った火星三部作や言語SFともいえる少々難解な小説で知られているかもしれないが、この『敵は海賊・海賊版』は純粋にエンターテインメント小説なので苦手意識がある人でもすんなり読めるはずだ。


 というわけで、今回はあらすじ解説では無くキャラの魅力に焦点を当てなるべく自分の意見を入れてみたのですがどうでしたでしょうか?ご意見・感想お待ちしております!
 ではまた、次の記事で...!


2012年5月17日
追記:えー、恥ずかしながら猫型宇宙人アプロをアポロと表記しておりました。恥ずかしい!そして指摘して頂いたコメント欄の通りすがりの御仁、ご指摘ありがとうございます!
書評 | Comments(1) | Trackback(0)
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。